震災離婚

2011年05月31日

おはようございます。

昨日とは打って変わっていい天気。

お日様が出ています晴れ


『震災離婚』

我が家のことではありませんよ。

母さんは、今まで我慢したのだから、父さんの退職金と年金をいただくまで

離婚は致しません(きっぱり)!

昨日のテレビでやっていたのですよ。

震災直後は、婚約や結婚する人が多く、今、離婚相談が多いのだそうです。

夫が重い水を運んでくれなかった。

ガソリン不足の時に妻がガツガツしすぎ。

津波で非難して心細い中 夫の帰りを待っていたのに、

夫は妻と子どもの元ではなく、実家の両親の元に向かった。

スーパーに一人で並んでやっと手に入れたカップ麺を、

夫が家族で分け合うことなく、勝手に食べてしまった。

放射能について、妻が神経質になりすぎ。

などなど…。

価値観の違いが鮮明になってしまったケースが多々あるのだそうです。

えっ?そんなことで離婚?という些細な事が多いみたいですが、

それはきっかけにすぎないのかも…。

大震災の時に自分が本当に守りたいのは誰なのか…。

妻としては、家族を大切に思って欲しい、そして両親も、仕事も…。

すべてを夫に望むのは、酷ですよね~。

我が家は…、ご存知我がままマイペースな父さんですが、

震災の時は、買い物、水汲み、ガソリンゲット、お仕事、頑張ってくれました。

もちろん、細かい事で不満もいっぱいありましたが…。

はりきりすぎて、「余計な事しないで。」状態…。

人間って、本当にわがままな生き物ですね。



母さんは、ご近所さんやお友達 皆さんに助けていただき、

感謝感謝の毎日を送ったのですが…。

お友達が信じられない経験をしていたのです。

ご近所さんが、

「犬の鳴き声がうるさい」と怒鳴り込んできたのだそうです。

「犬に飲ませる水があるなら、近所に配れ」と…。

ご主人が大型トラックの運転手さんで、震災後トラックで帰宅、路上駐車していたら、

「自分の家だけ支援物資をいっぱい持ってきたのか、近所に配れ」と言われ、

中身はタイヤだと答えると、

「この非常時に、なぜそんなものを運ぶのだ」と、また罵られたというのです。

地震の前に積んだ荷がそのままになっていただけなのに…。

世の中、ひどい人がいるものですね。


同じカテゴリー(東日本大震災)の記事画像
震災支援。
ピザ~♪
満員御礼。。。
ひねると ジャー。
たまご焼き~♪
3/11地震発生、その時母さんは…(4)
同じカテゴリー(東日本大震災)の記事
 ちょっと ひとこと。。。 (2011-09-11 12:29)
 あれから…。 (2011-06-18 13:27)
 まだ終わらない。 (2011-05-11 09:31)
 石巻へ。 (2011-05-01 11:47)
 震災支援。 (2011-04-28 09:01)
 普通に給油 (2011-04-15 09:17)

Posted by ガミガミ母さん at 08:23│Comments(7)東日本大震災
この記事へのコメント
エ━━━(;゚д゚)━━━・・びっくりですね。

ご当人方にしかわからないことなのだと思いますが、震災はいろいろな思いも人々に置いていったのでしょうか?

>犬の泣き声、水、トラックの荷物・・・

非常時であるがゆえにふだんではありえないような話ですね。
Posted by チカママ at 2011年05月31日 18:27
そうですねー
色んな人がいますからねー
こういった時だと 色々と噴出してきますよねー
こんな時だから 人間性があらわれるんですね
Posted by at 2011年05月31日 21:21
神経ピリピリしてますねぇ。
現代人は忍耐や我慢を忘れたのかしら?
うちの田舎ではそういった事は一切聞きません^^;

うちの家族も震災時は団結して乗り切りましたが、今では震災前に戻りました^^;
いざという時に信頼し協力合える近所づきあいを普段からしたいものです。
Posted by きおす at 2011年05月31日 22:30
チカママさん、おはようございます~♪

  今はバツイチあたりまえ?
  気軽に結婚して、気軽に離婚する時代なのでしょうか…。
  「我慢が足りん!!!」と母さんは声を大にして言いたいけれど、
  他人にはわからない、心の葛藤があるのでしょうね。

  ご近所さんの心無い言葉、聞いていて悲しくなってしまいました。


礼さん、おはようございます~♪

  みんなが片寄せあって助け合っていたものだとばかり
  思っていたのに…。

  どうして、そんなに冷たいことが言えるんだろう?
  人間性を疑ってしまいますね。


きおすさん、おはようございます~♪

  遠くの親戚より、近くの他人~、本当に普段からの近所づきあいって
  大切ですね。
  
  喉元すぎればなんとやら~、日常にもどれて良かったということに
  しましょう(^_^)。

  人を思いやる心って大切ですよね。
 
Posted by ガミガミ母さんガミガミ母さん at 2011年06月01日 09:14
こういう時って本当に人間性が見えますね・・・近所の小さい酒屋は速攻で店を閉めて商品独占してました(-.-;)
震災結婚はニュースで見たのですが、震災離婚は初耳です。非常時だからこその言動が決定打になるのは何となく分かる気がします~。
カップ麺独占の旦那には私もキレるかもしれません(笑)
Posted by しろねこ at 2011年06月01日 20:52
神戸の震災の時にも離婚は増えたみたいです。
うちの子を預かっていただいていたご夫婦(奥様は私と同じ歳)も離婚されました。

究極のストレス状態におかれると、人間性が暴露しますね。

私も別れたいと思った一人です。

だって、戦場のような職場から帰った私に、いたわるどころか『楽しそうでええな』といい、『こっちは子守してるのに、いい気なもんだ』と、自分の避難所ストレスばかりぶつけました。

あげくの果てに、私一人を神戸に残して、唯一の救いだった幼い娘まで連れて実家に帰ってしまいました。
『おれ、風呂入りたい。毎日、子供の相手疲れる。どうせ、お前行かないだろ』

神戸港から出る船の乗船代は『買ってきて』と、残る私もち。

『お母さん、必ずあとできてね』と泣く娘に

『お母さんは、仕事のほうが大事なんだから、いつ来るかわからんよ』

そういって乗船していきました。



娘がいたからいままでもっていますが、『愛せないな』と悲しくてしかたなかったです。

本性みたり。。。

家族より自分大事な人です。いまも。

明日私が死んでも、私の死を悼むより、明日からの家事やゴミだしや両親の介護をどうしようか、考える人でしょう。


母さんの旦那様、すてきですよ。
Posted by リリィ at 2011年06月01日 23:56
しろねこさん、コメントありがとうございます~♪

  居酒屋さん、皆さんに配らないで独占ですか…、
  世の中いい人ばかりじゃないのですね。

  食べ物の恨みは恐ろしいからね~(^^ゞ
  震災当日、様子を見に来た父さんがポケットからお煎餅を1枚出して
  置いていってくれました。
  すごく不安な時だったので、嬉しかったのを覚えています。

  人間の気持ちって、ほんの些細な事で一喜一憂するものですね。


リリィさん、こんにちは~♪

  大変な思いをしたのですね。
  奥様のお仕事は理解してくれているのでしょうが、『仕事のほうが
  大事なんだから』はひどすぎますね。
  悲しいな~。
  
  前にリリィさんのブログでご主人は同居人と書いてあるのを見て、
  「そうか ただの同居人だと思えば腹立ちも少なくなるか」と
  納得して、そう思っている母さんです。

  家の父さんも似たようなものですよ。
  母さんは経済的に自立していないので しがみついているだけ…。
  今時の人達のように 簡単に離婚というわけにはいかないものね。
Posted by ガミガミ母さんガミガミ母さん at 2011年06月02日 13:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
震災離婚
    コメント(7)