読書もしてますよ。

2010年01月27日

食べてばかりいる訳ではありません、読書もしてますよface02

先日、借りて来た本。

一気に読んじゃった(^_^)v

読書もしてますよ。 アルツハイマーになったご主人を

 介護している奥様が書いたものです。

 個人で医院を開業していたご主人と、

 医院の手伝いをしていた奥様です。

 医者に定年はないそうで、86歳で

 アルツハイマーを発症するまで

 現役で患者さんを診察していたんですって。

 医院を閉めた後、病状が進行して、排泄の

 世話までしてもらうようになったご主人。

 その後、奥様と子供達の献身的な介護により、

 普通に日常生活が送れるまで回復したのだそうです。

 主治医の先生によると、アルツハイマーが回復したのではなく、同時に発症したと思われる

 うつ病性仮性認知症により能力が低下、それが改善されて身辺自立ができたのだろうとの事。

 60数年連れ添ったご夫婦の一生について書いてあります。

 本を書いた奥様は、ご自分の人生を振り返ると共に、

 アルツハイマーになった方への接し方や、回復する事があるのであきらめないで

 という事を言いたかったのだと思います。

 随所に、奥様の優しさが伝わってくる内容で、感動しました。

 それと同時に、へそ曲がりな母さんは、ちょっと違う感想を持ってしまいました。


 まず、アルツハイマーになるまで診療を続けたお医者様。

 奥様は、様々なストレスが原因だろう、お疲れ様とねぎらっております。

 患者の立場になってみると…、

 精神科で病名がつくまでの数年間、症状がでていたのに

 そのまま患者さんを診ていた事になります。

 そして病名がついてからも1ヶ月位、診察を続けてから辞めているのですよ。

 医療ミスがおきないように、細心の注意を払ったと書いてありますが…。

 怖くないですか〜涙


 それから、そのお医者様が受けた診療。

 患者さん自身が医者で、息子さんも医者なので、

 著名なお医者様の知り合いが多いわけでして…。

 大病院の著名なお医者様に診察を受けておられます。

 アルツハイマーだけでなく、内科的なものや怪我なども、

 ○○病院の△△先生と、その都度その道の権威に診ていただいています。

 最高の医療を受けることができる方のようです。

 恵まれていて、いいないいな。


 以上、親戚にも知り合いにもお医者さんがいなくて、

 ひがんでいる母さんの感想でした。


同じカテゴリー()の記事画像
読書の秋
やっぱり面白い(#^.^#)
すぐ届くのね(^o^)
読書
最近読んだ本
本(^^ゞ
同じカテゴリー()の記事
 読書の秋 (2019-10-18 15:22)
 やっぱり面白い(#^.^#) (2018-02-01 16:17)
 すぐ届くのね(^o^) (2017-03-02 10:15)
 読書 (2017-02-28 18:11)
 最近読んだ本 (2016-09-29 14:20)
 本(^^ゞ (2016-05-29 12:46)

Posted by ガミガミ母さん at 16:30│Comments(2)
この記事へのコメント
もっともな意見かと思います。

なるべく生活を変えないようにされたのかもしれませんが、人さまの命にかかわる職業である以上、早期に廃業を決断するのが医師としての最後の責任ではなかったかと思います。

その判断ができなかったのかもしれませんね。

アルツハイマーも高齢者のうつも認知症もかつての人格ではなくなっていくのでみていてもつらいものです。

肉親ならなおさら。

娘に悲しい思いをさせないように私は早く死のうと思ってます。

それと、医療従事者が親族にいると、病気になったときはかなりたしかに有利です。
いろいろと。
こうなったら孫を医師にしましょう!
Posted by リリィ at 2010年01月27日 23:30
リリィさん、コメントありがとうございます~♪

   お医者さんになれるような孫ができるといいな~(^^♪

   この本のようなケースでなくても、夜中に子どもが熱を出したりした時、
   親戚にお医者様がいたらすぐに診てもらえるのに…って思いましたね。
   
   リリィさんは、看護師さんだから、子育ても安心してできたのでしょうね。

   好きで病気になる人はいないのですが、できれば元気でいて、
   ポックリ逝きたい…(^^ゞ

   お宅の犬のリリィちゃんも、走れなくても、痛みがなく穏やかに過ごせると
   いいですね。お大事に。
Posted by ガミガミ母さんガミガミ母さん at 2010年01月28日 08:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
読書もしてますよ。
    コメント(2)